按腹術を身につけ、心身を強く健康にしましょう!

クマ先生の漢方流 按腹養生

  • 経絡・ツボ
  • http://www.kampo-school.com/common/img/seminar_web/759.jpg

セミナー内容

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

<新講座>

中国から伝来した「導引按?」の技術は、日本の「ハラ(肚・腹)」文化と融合し、「按腹」と言うお腹への施術として江戸時代に広まりました。この按腹が、後の指圧の原型となります。日本では、中国以上に腹診が重視され、お腹への施術をメインにした「打針」も考案されるほど「お腹」を大切にしています。東洋医学の身体観では、臓腑経絡の内なる力(内勁)は、肌や筋肉、手足の動作(外勁)に影響していると考えます。
按腹は、内側の働きをダイレクトに活性化させます。江戸時代の庶民や武士達もおこなってきた按腹術を身につけ、心身を強く健康にしましょう!
 
※実践し理解を深めていただくセミナーです。2人1組での実践もございます。
 
<テーマ>
 
5月:脾土を強化し、五臓六腑のバランスを調整しよう
6・8月:邪気排毒法で気滞を解消
 

講座詳細

持ち物:位置を確認しやすい柔らかめの服装、バスタオル1枚
受講料:3,000円(消費税込)
形態 1day
校舎 品川校 回数 1回

日時・空席状況

校舎を選択
日付 時間 学校名 講師・持ち物等 空席状況 予約

    講師紹介

    その他の講師

    講座検索トップへ