受講生・修了生の声

漢方相談薬局のパイオニアであり創業から約50年の「薬日本堂」が運営する、漢方スクール。そこでの学びを糧に各方面で活躍する修了生の声をお届けします。

ここだ!と思ったのが薬日本堂でした。

星川 美由紀さん
漢方を学び始めたきっかけを教えてください

―漢方を学ぶきっかけは中国の友人と知り合ったことでした。

友人は特に勉強したわけではないのに、どのような症状にどんなお茶を飲めばよいかを知っていました。私も知りたいと思い、ネットで調べてここだ!と思ったのが薬日本堂でした。

漢方を学んで良かったこと、ためになったことを教えてください。

―以前、自分自身や家族に長引く不調があった時、その都度いろんな病院で検査しましたが、数値に表れず病名もつかないので何の手立てもなく悶々と暮らした日々がありました。
漢方を学んで驚いたのは、その時の全ての症状に答えがあり、漢方薬のみならず普段の食事や生活習慣の改善など、自分でも対処できることが沢山あったことです。

スクールではたくさんの仲の良い友人にも恵まれ、授業後には放課後の部活動と称してクラスメイトと漢方食材調達に出かけたり、お灸を体験しに行ったり、とても楽しく充実していました。

学んだ知識をどのように活かしていますか?

―漢方・薬膳サロンを始めました。季節の養生のお話を中心に、各自の体質にあったお茶のブレンドや、手作り化粧品を作る等のワークショップを行っています。

サロンにいらっしゃるお客様に一つでも多くの養生法をお伝えし、実践していただけるように、今後もセミナー等で学び続けて行きたいと思っています。

お互いを高め合える友人が出来たことも宝になっています。

佐藤 一徳さん
漢方を学び始めたきっかけを教えてください

―私が漢方を学ぶようになったのは、現在の会社に入社してからです。

私の会社では「漢方理論に基づく健康飲料の企画・開発」を行っておりますが、入社したての頃は漢方というものがどういうものか全くわからなかった為、漢方に関する本を多数購入し、独学で勉強を始めました。ところが聞きなれない言葉や、難しい漢字の連続で、頭に入ってきませんでした。

転機は知り合いから薬日本堂漢方スクールが仙台にあると教えてもらったことです。

漢方を学んで良かったこと、ためになったことを教えてください。

―漢方は学べば学ぶほど新しい発見や気付きが多いのが魅力です。今後は自分の価値を高めていくためにも漢方上級スタイリストを目指して、漢方を楽しく学んでいこうと思います。
スクールで知り合った方の中には今でも情報交換をしたり、お互いを高め合える友人が出来たことも宝になっています。

学んだ知識をどのように活かしていますか?

―スクールで学んだことをアウトプットすることを念頭に、仕事で漢方の考え方について話をしたり、会社では新入社員や若手社員に漢方の勉強会を開き教えています。

身近な家族に喜ばれている事が私の一番の喜びです。

佐々木 幸恵さん
漢方を学び始めたきっかけを教えてください

―出会いは偶然でした。ビルを見上げると、そこには漢方スクールの文字。迷わずパンフを貰い、先ずは気軽にワンデーセミナー受講から。

実は以前から興味が有り、本を読んだり勉強会に参加したりしていた漢方。聞きなれない言葉の壁、断片的な知識で今ひとつ自分の物にできずにいました。

そんなこともあり、確かな知識を自分の物にしたいと一念発起しスクールに飛び込んだのがきっかけです。

漢方を学んで良かったこと、ためになったことを教えてください。

―スクールでの深まる学び、それまで点だった知識が一本の線に繋がり、学ぶ楽しさに夢中になりました。当初、初級だけのつもりが気が付けば薬膳アドバイザーまで取得するとは驚きです。

人に尋ねられ、疑問に感じた時には教科書を開き、自分の言葉と質量で馴染みのない方にも分かりやすく伝える事を心がけ、生きた学びを楽しく続けられています。

何よりも身近な家族に喜ばれている事が私の一番の喜びです。

学んだ知識をどのように活かしていますか?

―その学びを人に伝えるべく東日本大震災をきっかけに始めた個人サロンで養生茶話会を開催。
また、ご依頼を頂き外部講習やラジオでお話をする機会に恵まれるなど、活動の場が広がりました。