文字サイズ:

 

品川校 プレミアムクラス

プレミアムクラス > 品川校

道端でも見つかる身近な生薬のはたらき

身近な生薬


【セミナー内容】

ミカンやスイカの皮、ピーナッツの渋皮、トウモロコシのひげ、大根の種。これら全てが生薬になることをご存知ですか?台所にある生姜、ネギ、シナモンを乾燥させたものは、生薬として中国の薬局には欠かせないものです。普段私たちが食べている食材や、道端でよく見かけるどくだみ、たんぽぽなどは昔から生薬として使われてきました。
この講座では生薬として使われる身近な食材や植物が、どんなはたらきをもっているのか、また、どうやって生薬を作るのかなどを紹介します。
持ち物:筆記用具
受講料:6,000円(教材費・消費税込)
講師

【講師名】劉 梅 (薬日本堂・中医師 )
黒龍江中医薬大学卒業後、内科医として臨床を経験。北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年、薬日本堂に入社。薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加、TV・雑誌でも活躍する。薬膳の知識が活かされた著書『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』(地球丸)、2011年7月刊『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』(講談社)は好評。現在、薬日本堂漢方スクールで専任講師として活躍中。

  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

アドバンスクラス開講
薬膳・漢方検定
福岡特別開催決定!漢方養生指導士 初級
名古屋開催決定!漢方養生指導士 初級
漢方ライフ
  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP