文字サイズ:

 

大阪校 プレミアムクラス

プレミアムクラス > 大阪校

視覚を使って状況を観察し、症状を探る

漢方の診断術を学ぶ

※「はじめての漢方入門①②」または「漢方養生指導士養成講座初級」を受けた方が対象のセミナーです。
 それ以外で漢方知識をお持ちの方は、漢方スクール事務局までご相談下さい。


【セミナー内容】

人は見た目が全てではないですが、漢方の世界では、見た目も内臓をあらわすサインとして大切にされています。
それが漢方診察法のひとつである「望診」。
この講座では、望診を使って日常生活に役立てる知識を学びます。
 
【舌診の実践 編】
舌を鏡で見てみてください。あなたの舌はどうですか?よく見ると、色、艶、形状など特徴が見えてきます。
舌はとっても賢く素直なので、食べ過ぎたり、飲みすぎたり、ストレスを感じたりと身体に負担をかけると、
ちゃんとそのサインを送ってくれます。舌の状態は身体の中と繋がっているので、
今の心と身体の健康状態がわかりやすく、症状を判断するのに重要な役割を果たします。
舌ときちんとコミュニケーションをとれば「今日はどうして体調が悪いのかな?」なんて疑問も、
「なるほど!」と納得できることでしょう。
基礎と「診る」ためのポイントを学び、舌診の実践まで繋げます!
 
【顔面診 編】
漢方では、顔面の各部に五臓の盛衰や疾病が反映し、
それによって病の根源を知る手がかりになると考えられています。
顔色だけではなく、目・耳・鼻・口の位置や形、顔の部位から、五臓や気血水の状態を知るヒントを探ってみましょう。
テレビに出ている有名人の顔を見て、「実はこんな体質なのでは…」と推測するのが楽しくなるかもしれませんよ!
昔「神技(しんぎ)」とされた望診の一部を楽しみながら学びます!
 
 「爪・体型」から捉える体質と不調 編】  NEW !
爪に縦線、横線が入ったり、割れやすくなることはありませんか?
爪に黒い線が入ると血流が悪く、割れやすいのは血の不足のサインなのです。
漢方では目に見える全てのもので診断に導きます。
爪や体型などもそのひとつ。
場合によっては検査機器より早く異常に気付くことも!
 
※「はじめての漢方入門①②」または「漢方養生指導士養成講座初級」を受けた方が対象のセミナーです。
 それ以外で漢方知識をお持ちの方は、漢方スクール事務局までご相談下さい。
【舌診の実践 編】  講師 : 飯田 勝恵
9/13(火)13:30~16:00
 
「爪・体型」から捉える体質と不調 編】  講師 : 劉 梅
11/17(木)13:00~15:30
持ち物:筆記用具、手鏡

受講料:6,000円(消費税込)
講師

【講師名】劉 梅 (中医師 )
黒龍江中医薬大学卒業後、内科医として臨床を経験。北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年、薬日本堂に入社。薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加、TV・雑誌でも活躍する。薬膳の知識が活かされた著書『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』(地球丸)、2011年7月刊『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』(講談社)は好評。現在、薬日本堂漢方スクールで専任講師として活躍中。

講師

【講師名】飯田 勝恵(薬剤師)
静岡県立大学薬学部卒業。1998年薬日本堂入社。約10年間の臨床と店長を経験。店舗運営や相談員教育などに携わり、その後「自然・人・社会に役立つ漢方の考えをより多くの人に伝えたい」と講師として活動。薬だけではない漢方の思想や理論に惹かれ、気功や太極拳、瞑想なども生活に取り入れながら漢方・養生を実践している。

講師

【講師名】小林 香里 (国際中医師,国際中医薬膳師,登録販売者)
仕事のストレスと忙しさから体を壊したことをきっかけに、ハーブや漢方などの自然薬療法に興味を持ち、本格的に漢方・薬膳を学び始める。北京中医薬大学日本校にて国際中医師・国際中医薬膳師を取得。2005年薬日本堂に入社。店舗での約10年の臨床経験を活かし、セミナー講師として活躍中。著書「温めもデトックスもいつもの飲み物にちょい足しするだけ!薬膳ドリンク」が人気を集めている。

※「はじめての漢方入門①②」または「漢方養生指導士養成講座初級」を受けた方が対象のセミナーです。
 それ以外で漢方知識をお持ちの方は、漢方スクール事務局までご相談下さい。
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP