文字サイズ:

 

品川校 通学コース

通学コース > 品川校

漢方スタイリストを目指す【一般対象】

漢方養生指導士養成講座【中級】

◎全コース日程はこちら



【セミナー内容】

未病を治し、より健康で美しく生きる知恵が詰まっている漢方基礎理論を身につけ四季の変化、ご自身の体質、症状に合わせた漢方養生ライフが実践できる方、漢方的な生活のスタイルができる方を養成していく講座です。

漢方養生指導士養成講座中級36単位を受講されると、薬日本堂漢方スクールより修了証明証が発行され、漢方養生指導士中級の資格認定試験を受験することができます。
(試験に合格し協会に入会すると会員証が送られます。)

1.漢方の実践理論をわかりやすく学び、実際に体を診る技術を身につけます。
2.症状別に漢方薬(錠剤)の選定法と改善するための養生を学びます。
3.漢方理論をベースに体質に合わせた生活をスタイリングできるようになります。
 
☆試験に合格すると「漢方養生指導士 中級」漢方スタイリストの称号が得られます。
<カリキュラムの特徴>
漢方薬の選定法を学ぶことで症状を分析する力を養います。
それぞれの人の体質や症状にあわせて養生生活を含めた対処法を考えるには、その時々の状況を正しく分析しなければなりません。
処方を選択すると同時に必要で適切な養生法を実践・提案できる様になります。
それが「漢方理論をベースに生活をスタイリングする」ということです。
 
※漢方養生指導士は第3者に漢方薬を販売又は処方選定できるようになる資格ではありません。あくまでも自身の健康維持・増進のために漢方・養生の知識を身につけ、日々の生活において実践できるようになるための資格になります。
 
<カリキュラム>

漢方の診察法
 1) 四診とは何か

漢方の診断法
1) 弁証法とは
2) 八網弁証法とは
3) 気血水弁証と論治

漢方の治療法
1) 治則とは
2) 治法の基本

漢方の薬物学
1) 本草学とは
2) 方剤学とは

症状別、漢方の選定法と養生法
カゼ、便秘、不眠、胃腸、ダイエット、婦人科、冷え性、尿トラブルなど…
12症状についての漢方(錠剤)の選定法と養生法

 
受講資格:漢方養生指導士初級の資格をお持ちの方
受講料:154,000円
定員:30名 (※仙台校は20名)
資格試験実施予定:2月、7月
受験料:8,000円(税抜き)
講師

【講師名】劉 梅 (中医師 )
黒龍江中医薬大学卒業後、内科医として臨床を経験。北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年、薬日本堂に入社。薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加、TV・雑誌でも活躍する。薬膳の知識が活かされた著書『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』(地球丸)、2011年7月刊『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』(講談社)は好評。現在、薬日本堂漢方スクールで専任講師として活躍中。

講師

【講師名】齋藤 友香理(薬剤師)
東京理科大学薬学部卒業後、薬日本堂入社。10年以上臨床を経験し、平成20年4月までニホンドウ漢方ブティック青山で店長を務め、多くの女性と悩みを共有した実績を持つ。講師となった現在、薬日本堂漢方スクールで教壇に立つかたわら外部セミナーも担当し、漢方を学ぶ楽しさを広めている。また社員教育にも携わり、「養生を指導できる人材」の育成に励んでいる。

講師

【講師名】鈴木 養平(薬剤師)
東北医科薬科大学卒業後、薬日本堂入社。漢方専門相談員として店舗運営、臨床を経験した後、社員教育・広報販促・調剤等に携わる。“漢方養生生活をより身近に”と漢方スクールの講師としてセミナーや講演活動をする一方で、雑誌・本の監修、商品の開発協力(日本コカ・コーラ社“からだ巡り茶”など)で活躍中。日本漢方養生学協会理事長。

講師

【講師名】山吹 育恵(薬剤師)
東北医科薬科大学を卒業後、病院勤務を経て1990年薬日本堂入社。 2011年までニホンドウ漢方ブティック仙台トラストシティ店で店長を務めた後、20年の臨床経験を活かし、漢方スクールの講師と社内相談員の学術支援に携わる。東北放送ラジオ「漢方健康相談」に出演中。大自然の力に魅せられ、自然農の考えに触れたことをきっかけに15年前より自らも農業を実践中。

講師

【講師名】飯田 勝恵(薬剤師)
静岡県立大学薬学部卒業。1998年薬日本堂入社。約10年間の臨床と店長を経験。店舗運営や相談員教育などに携わり、その後「自然・人・社会に役立つ漢方の考えをより多くの人に伝えたい」と講師として活動。薬だけではない漢方の思想や理論に惹かれ、気功や太極拳、瞑想なども生活に取り入れながら漢方・養生を実践している。

講師

【講師名】小林 香里 (国際中医師,国際中医薬膳師,登録販売者)
仕事のストレスと忙しさから体を壊したことをきっかけに、ハーブや漢方などの自然薬療法に興味を持ち、本格的に漢方・薬膳を学び始める。北京中医薬大学日本校にて国際中医師・国際中医薬膳師を取得。2005年薬日本堂に入社。店舗での約10年の臨床経験を活かし、セミナー講師として活躍中。著書「温めもデトックスもいつもの飲み物にちょい足しするだけ!薬膳ドリンク」が人気を集めている。

講師

【講師名】原口 徳子(中医師)
2005年より上海中医薬大学(医学部)で7年間中医学と鍼灸推拿・小児推拿を学ぶ。専攻は中医内科、「中医古典方剤(当帰芍薬散など)の現代臨床応用」をテーマに、2012年中医学の修士号及び中医師の資格を取得して、2013年帰国。2015年から薬日本堂漢方スクール講師として通学コースやワンデイセミナを担当。「もっと身近に中医学」を普及させるために邁進中。

講師

【講師名】天野 賀恵子(漢方スタイリスト)
富山大学経済学部卒業後、化粧品メーカー、語学学校、サロン経営の仕事を経て、アレルギー体質改善の為に漢方の勉強を始める。北京中医薬大学日本校で国際中医薬膳師、上海中医薬大学日本校で国際中医師のライセンスを取得。東洋医学と西洋医学を折衷させた病院で、食事、運動、精神ケアなどの健康指導に従事。趣味のヨガを生活に取り入れながら、「がんばらない薬膳生活」を日々実践中

  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP