文字サイズ:

 

大阪校 プレミアムクラス

プレミアムクラス > 大阪校

薬草が生薬になるまで~ “ 自家製生薬” で暮らしを健やかに!

身近な薬用植物から紐解く本草学

 
締め切り後の当日のお申し込みは、
お電話でお問い合わせ下さい。


【セミナー内容】

漢方薬に使われている生薬は、全て自然の原料。
特別なものではなく日本でも古くから薬として使われていて、
道端や薬用植物園などでも見ることが出来るとても身近なものです。
同じ植物でも生薬として使用する部位が違えば、その効能や採取の時期、加工の種類や方法も異なります。
薬草が生薬になるまでの過程を、劉先生がご自身で撮影した生薬の花の写真を見ながら解説!
身近な生薬を使ったレシピもご紹介します。
受講料:6,000円
持ち物:筆記用具
講師

【講師名】劉 梅 (中医師 )
黒龍江中医薬大学卒業後、内科医として臨床を経験。北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年、薬日本堂に入社。薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加、TV・雑誌でも活躍する。薬膳の知識が活かされた著書『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』(地球丸)、2011年7月刊『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』(講談社)は好評。現在、薬日本堂漢方スクールで専任講師として活躍中。

 
締め切り後の当日のお申し込みは、
お電話でお問い合わせ下さい。
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP