文字サイズ:

 

品川校 ワンデイセミナー

ワンデイセミナー > 品川校

「江戸思草(えどしぐさ)」や「こころ粋」を学ぶ

俊輔先生のお江戸と養生

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。
 
※開催前日の18:00以降のキャンセルの場合、
キャンセル料(全額)が発生いたします。


【セミナー内容】

江戸時代は養生や医療を含め、さまざまな文化や芸術などが花開き発展しました。その発想力や技術力の高さは現代にも通じるものがあります。特に商人や職人など庶民にみられる「生活をより良くするための工夫や知恵」からは、学ぶことが沢山あり彼らの生き方には他の人を思いやる「江戸思草(えどしぐさ)」や「こころ粋」が溶け込んでいます。
そんな背景をもとに「三度の飯より江戸が好き」という江戸文化研究家の菅野俊輔先生がお江戸事情を語ります。思わず聞き入ってしまう先生の江戸弁の語り口調も講座の魅力です。
 
<テーマ>
 
2月:「19世紀80翁の養生訓、肉食は薬喰い?」
 
 
 
持ち物:筆記用具
受講料:3,000円(消費税込)
講師

【講師名】菅野 俊輔(江戸文化研究家、早稲田大学エクステンションセンター講師)
1948年東京・目黒区生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。 三度の食事より、江戸が大好きで、江戸学・古文書や江戸歩きなどの講師を務めながら、講演、テレビ出演、時代考証、著述など幅広く活動中。主な編著書に『書いておぼえる江戸のくずし字いろは入門』(柏書房)、『古地図と名所図会でたどる江戸の落語』『図説 世界を驚かせた頭のいい江戸のエコ生活』(青春新書)、『江戸っ子が惚れた忠臣蔵ーー赤穂義士の実像と虚像に迫る』(小学館) など。

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。
 
※開催前日の18:00以降のキャンセルの場合、
キャンセル料(全額)が発生いたします。
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP