文字サイズ:

 

品川校 プレミアムクラス

プレミアムクラス > 品川校

~自家製生薬で健やかな暮らし~

身近な生薬から学ぶ「本草学」

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。


【セミナー内容】

漢方薬に使われている生薬は、全て自然の原料。ある物は食薬として、さらに食材としての働きも担います。植物の葉、花、木の枝、根、動物の角や皮、鉱物、貝殻など、これらの生薬の効能、効果、特徴は個性にあふれ、興味深いです。特別なものではなく、実はとっても身近です。
タンポポやオオバコ、ドクダミ、ミカンの皮等は、日本でも古くから薬として使われてきました。また、都内の薬用植物園でも見ることができます。
この講座では、生薬の花の写真を見ながら、採取の時期や加工の方法、効能を学び、身近な生薬を使ったレシピも紹介します。
持ち物:筆記用具
受講料:6,000円(教材費・消費税込)
講師

【講師名】劉 梅 (中医師 )
黒龍江中医薬大学卒業後、内科医として臨床を経験。北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年、薬日本堂に入社。薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加、TV・雑誌でも活躍する。薬膳の知識が活かされた著書『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』(地球丸)、2011年7月刊『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』(講談社)は好評。現在、薬日本堂漢方スクールで専任講師として活躍中。

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP