文字サイズ:

 

品川校 通学コース

通学コース > 品川校

漢方上級スタイリストを目指す

漢方養生指導士養成講座【上級】

※仙台校は2017年秋冬期の募集はございません。

◎全コース日程はこちら


【セミナー内容】

漢方養生指導士養成講座初級では漢方基礎理論を学び、気血水、四季の養生について学びました。中級では漢方応用理論を学び、11 症状に関する漢方的なとらえ方、症例検討、及び代表的な漢方処方について学んできました。
延べ8ヶ月・54単位の勉強を元に、日々の仕事や生活に漢方養生生活を取り入れ、実践している方も多いと思います。その一方で、何かに役立てたいとは思ってはいるものの、具体的に活用しきれていない方も多いのではないでしょうか。
漢方養生指導士養成講座上級では、漢方上級スタイリストとして漢方養生ライフを実践・普及していくための具体的な応用法を学んでいきます。初級・中級で学んだ知識を活かしつつ、さらに発展させて漢方上級スタイリストとしての勉強を深めていきましょう。

※所定の出席数、課題をクリアすると、漢方上級スタイリストの認定証を発行いたします。
 
・漢方上級スタイリストになると
漢方理論をベースに、漢方薬の原料でありながら食品としての扱いでもある“食薬” を、季節・体質・体調に合せてブレンド出来るようになります。“食薬” の選択を行う過程で、数多くの症例検討を繰り返しおこないますので、しっかりと「使える実力」が身に付きます。
受講資格:漢方養生指導士 中級(漢方スタイリスト)の資格をお持ちの方
受講料:86,400円(消費税込)
 
 
【カリキュラムの特徴】
◎漢方薬の原料でありながら食品である食薬について学びます
◎厳選食薬約50 種類の活用法を学びます
◎症例を繰り返しその方にあった食薬ブレンド(お茶、薬酒)法を学びます
◎実習で味を確かめながら、最適な対比を学びます
◎組み合わせは無限。基礎理論をベースに自分だけのオリジナルブレンドを作ります
講師

【講師名】齋藤 友香理(薬日本堂・薬剤師)
東京理科大学薬学部卒業後、薬日本堂入社。10年以上臨床を経験し、平成20年4月までニホンドウ漢方ブティック青山で店長を務め、多くの女性と悩みを共有した実績を持つ。講師となった現在、薬日本堂漢方スクールで教壇に立つかたわら外部セミナーも担当し、漢方を学ぶ楽しさを広めている。また社員教育にも携わり、「養生を指導できる人材」の育成に励んでいる。

講師

【講師名】鈴木 養平(薬日本堂・薬剤師)
東北医科薬科大学卒業後、薬日本堂入社。漢方専門相談員として店舗運営、臨床を経験した後、社員教育・広報販促・調剤等に携わる。“漢方養生生活をより身近に”と漢方スクールの講師としてセミナーや講演活動をする一方で、雑誌・本の監修、商品の開発協力(日本コカ・コーラ社“からだ巡り茶”など)で活躍中。日本漢方養生学協会理事長。

講師

【講師名】飯田 勝恵(薬日本堂・薬剤師)
静岡県立大学薬学部卒業。1998年薬日本堂入社。約10年間の臨床と店長を経験。店舗運営や相談員教育などに携わり、その後「自然・人・社会に役立つ漢方の考えをより多くの人に伝えたい」と講師として活動。薬だけではない漢方の思想や理論に惹かれ、気功や太極拳、瞑想なども生活に取り入れながら漢方・養生を実践している。

講師

【講師名】小林 香里 (国際中医師,国際中医薬膳師,登録販売者)
20代の頃、過労とストレスで身体をこわしたことをきっかけに、北京中医大学日本校にて中医学や薬膳を学び始める。2005年、薬日本堂(株)に入社。店舗での漢方相談をはじめ、取材対応や薬膳レシピ監修、漢方スクール講師を務める。2017年10月退社の後、目黒区自由が丘に漢方薬店と鍼灸院を併設する漢方・鍼灸「和氣香風」を設立。自店にて漢方相談を行う傍ら、薬日本堂漢方スクールでも講師として活動。

※仙台校は2017年秋冬期の募集はございません。
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

アドバンスクラス開講
薬膳・漢方検定
福岡特別開催決定!漢方養生指導士 初級
名古屋開催決定!漢方養生指導士 初級
漢方ライフ
  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP