文字サイズ:

 

大阪校 ワンデイセミナー

ワンデイセミナー > 大阪校

<体のラクな使い方を発見!!>

アレクサンダー・テクニーク

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。
 
※開催前日の18:00以降のキャンセルの場合、
キャンセル料(全額)が発生いたします。
 
締め切り後の当日のお申し込みは
お電話でお問い合わせ下さい。


【セミナー内容】

世界的に活躍する作家・アーティスト・音楽家が多数レッスンを受けている「アレクサンダー・テクニーク」。
あなた自身が今まで知らないうちに身につけた不必要な緊張を理解し解消することで、
ラクで効率的な姿勢・動き方・生き方を発見していきます!
 
※アレクサンダー・テクニークは、痛みなど身体的問題に対する高い効果から、アメリカ/ドイツ/オランダなど欧米諸国では社会的にも信頼を得て、医師の処方があれば保険の対象にもなります。
※体の使い方を定着させる為に、繰り返しのご参加をお勧めします。
<テーマ>
3月:「介護動作の負担を減らすテクニーク
介護をする時に多いかがみ姿勢や持ち上げ動作。
不用意に行うと腰に負担が多くかかります。
腰のかなめでもある股関節の使い方を学ぶことで、その負担を減らすことが出来ます。
介護を受ける方のためにも、まずは介護者が自分自身にとって楽な動き方を身につけましょう!
介護仕事やご家族の介護をされている方、これから介護する必要が出てきそうな方は是非ご参加下さい。
※実際に動作を行いながらレッスンします。動きやすい服装でいらしてください。
 
5月:「肩こり・腰痛とサヨナラ!長時間でもカラダに負担をかけない立ち方・座り方【座り方編】 
長時間の立ち仕事による腰への負担や酷い肩こり。歳を重ねた時に出てくる腰の曲がり。
それはあなたの姿勢に問題があるのかもしれません。
安定した楽な良い姿勢で長く座っているために重要な“股関節”の位置や動かし方を知ることで、
負担の少ない座り方を身につけることが出来ます。
パソコン作業などを長くされる方、ピアノなど座った姿勢で演奏する方、
お子さんの猫背が気になる方などにも役に立つレッスンです。
 
7月:「ラクな身体の使い方を訓練する!アレクサンダー体操」 
知らないうちに身についた“身体のクセ”はなかなか取れないもの。
関節の位置や動き方、呼吸の時の全身の動き方などを確認したり、「動くときの考え」を訓練する体操は、
例えば呼吸体操なら声に関すること全般に、股関節体操なら中腰の動作の時にそのまま使えたりと、
様々な生活シーンで応用出来ます。
※実際に動作を行いながらレッスンします。動きやすい服装でいらしてください。
 
 
 
受講料:3,000円
持ち物:動きやすい服装、筆記用具
講師

【講師名】真田 由香(BODY CHANCE 大阪スタジオ教師,あんまマッサージ指圧師,鍼師)
鍼灸マッサージ師として接骨院に勤務しているころ、アレクサンダーに出会う。 1998年のジェレミー・チャンスのワークショップにて、頭と身体の関係が変わることで、それまで漠然と持っていた不安感が無くなる体験を得て、本格的に学ぶことを決意。ATA東京校に第一期生として参加する。以来ATをマッサージや介護、乗馬、話すこと等々に応用することを学びながら、7年かけて同校卒業。 「わたしにとってATは、恐がりな自分が世界へ向かっていく為の、わたしが本当にやりたいことを実現する為の強力なツールです。」1994年あんまマッサージ指圧師、鍼師、灸師免許取得2005年ATA東京校卒業2006年(有)アレクサンダー・テクニーク・アソシエイツに教師/スタジオ運営スタッフとして参加

講師

【講師名】阿部 明日香(BODYCHANCE大阪スタジオベーシックコース教師,大阪芸術大学舞台芸術学科 ポピュラーダンスコース 非常勤講師)
奈良女子大学文学部卒業後、演劇活動をしていた際にアレクサンダー・テクニークに出会う。レッスンを受け、「無意識の不要なクセが自分の表現したいことを邪魔していた」こと、また「そのクセに気づきやめることができれば、より自由でいられる」ことに感動し、アレクサンダー・テクニークを本格的に学ぶことを決意。いつも頭の中で自分に対してダメ出しし続けていましたが、アレクサンダー・テクニークを学ぶことで、ずいぶん自分と仲良くなることができました。 2009年 BODY CHANCE大阪校プロコース入学 2012年 11月よりアレクサンダー・テクニーク教師(BODYCHANCE認定)として活動開始

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。
 
※開催前日の18:00以降のキャンセルの場合、
キャンセル料(全額)が発生いたします。
 
締め切り後の当日のお申し込みは
お電話でお問い合わせ下さい。
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP