文字サイズ:

 

講師紹介

劉 梅 - Ryu Mei

[ 中医師 ]

黒龍江中医薬大学卒業後、内科医として臨床を経験。北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年、薬日本堂に入社。薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加、TV・雑誌でも活躍する。薬膳の知識が活かされた著書『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』(地球丸)、2011年7月刊『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』(講談社)は好評。現在、薬日本堂漢方スクールで専任講師として活躍中。

齋藤 友香理 - Yukari Saito

[ 薬剤師 ]

東京理科大学薬学部卒業後、薬日本堂入社。10年以上臨床を経験し、平成20年4月までニホンドウ漢方ブティック青山で店長を務め、多くの女性と悩みを共有した実績を持つ。講師となった現在、薬日本堂漢方スクールで教壇に立つかたわら外部セミナーも担当し、漢方を学ぶ楽しさを広めている。また社員教育にも携わり、「養生を指導できる人材」の育成に励んでいる。

鈴木 養平 - Youhei Suzuki

[ 薬剤師 ]

東北医科薬科大学卒業後、薬日本堂入社。漢方専門相談員として店舗運営、臨床を経験した後、社員教育・広報販促・調剤等に携わる。“漢方養生生活をより身近に”と漢方スクールの講師としてセミナーや講演活動をする一方で、雑誌・本の監修、商品の開発協力(日本コカ・コーラ社“からだ巡り茶”など)で活躍中。日本漢方養生学協会理事長。

山吹 育恵 - Ikue Yamabuki

[ 薬剤師 ]

東北医科薬科大学を卒業後、病院勤務を経て1990年薬日本堂入社。 2011年までニホンドウ漢方ブティック仙台トラストシティ店で店長を務めた後、20年の臨床経験を活かし、漢方スクールの講師と社内相談員の学術支援に携わる。東北放送ラジオ「漢方健康相談」に出演中。大自然の力に魅せられ、自然農の考えに触れたことをきっかけに15年前より自らも農業を実践中。

飯田 勝恵 - Katsue Iida

[ 薬剤師 ]

静岡県立大学薬学部卒業。1998年薬日本堂入社。約10年間の臨床と店長を経験。店舗運営や相談員教育などに携わり、その後「自然・人・社会に役立つ漢方の考えをより多くの人に伝えたい」と講師として活動。薬だけではない漢方の思想や理論に惹かれ、気功や太極拳、瞑想なども生活に取り入れながら漢方・養生を実践している。

小林 香里 - Kaori Kobayashi

[ 国際中医師,国際中医薬膳師,登録販売者 ]

仕事のストレスと忙しさから体を壊したことをきっかけに、ハーブや漢方などの自然薬療法に興味を持ち、本格的に漢方・薬膳を学び始める。北京中医薬大学日本校にて国際中医師・国際中医薬膳師を取得。2005年薬日本堂に入社。店舗での約10年の臨床経験を活かし、セミナー講師として活躍中。著書「温めもデトックスもいつもの飲み物にちょい足しするだけ!薬膳ドリンク」が人気を集めている。

相山 典昭 - Noriaki Aiyama

[ 薬剤師 ]

北里大学薬学部卒業後、薬日本堂株式会社に入社。ニホンドウ漢方ブティック の店長も務めている。自店企画セミナーを何度となく開催し、また20年の現場経験から多くのお客様から信頼を得ており、後進の指導にも力を注いでいる。UHB(北海道文化放送)漢方コーナーレギュラー出演経験も持つ。

原口 徳子 - Noriko Haraguchi

[ 中医師 ]

2005年より上海中医薬大学(医学部)で7年間中医学と鍼灸推拿・小児推拿を学ぶ。専攻は中医内科、「中医古典方剤(当帰芍薬散など)の現代臨床応用」をテーマに、2012年中医学の修士号及び中医師の資格を取得して、2013年帰国。2015年から薬日本堂漢方スクール講師として通学コースやワンデイセミナを担当。「もっと身近に中医学」を普及させるために邁進中。

河端 昭雄 - Akio Kawabata

[ 薬剤師 ]

東北医科薬科大学薬学部卒業後、薬日本堂入社。今までドラッグストアー・調剤薬局・漢方相談薬局の3業態を40年以上経験しその知識をスクールの授業に反映している。また、日本の薬草文化や東西に共通するスパイスそして遣唐使のもたらした薬物の素晴らしさを紹介した講座は人気を集めている。
薬日本堂漢方スクール校長。

新開 ミヤ子 - Miyako Shinkai

[ 漢方スタイリスト ]
[ 薬膳料理研究家,国際中医師,国際中医薬膳師 ]

鍼灸師 按摩・マッサージ・指圧師国家資格取得後、病院の理学療法室に勤務。医療現場で東洋医学と西洋医学の両方を生かしリハビリテーションに従事。客室乗務員に転職後、国内外のフライトを通じてさまざまな食文化に触れる。退職後、フードコーディネーター取得をはじめ、様々なジャンルの料理を学び、北京中医薬大学日本校で国際中医師・国際中医薬膳師を取得。鍼灸師のキャリアを『食』の世界に生かして、心と体が元気になる薬膳料理をお伝えするため「薬膳料理教室 薬膳Salon」を主宰。

天野 賀恵子 - Kaeko Amano

[ 漢方スタイリスト ]
[ 国際中医師,国際中医薬膳師 ]

富山大学経済学部卒業後、化粧品メーカー、語学学校、サロン経営の仕事を経て、アレルギー体質改善の為に漢方の勉強を始める。北京中医薬大学日本校で国際中医薬膳師、上海中医薬大学日本校で国際中医師のライセンスを取得。東洋医学と西洋医学を折衷させた病院で、食事、運動、精神ケアなどの健康指導に従事。趣味のヨガを生活に取り入れながら、「がんばらない薬膳生活」を日々実践中

川口 惠子 - Keiko Kawaguchi

[ 漢方上級スタイリスト,養生薬膳アドバイザー ]
[ 国際中医薬膳管理師,中医経絡セラピスト ]

生活雑貨とアロマテラピーの店を営む。経営の傍ら、多くの方へ「心身共に健康である生活」を提案すべく勉強を重ね、店舗ではハンドトリートメントの施術も開始。セラピストとして活躍する一方で、アロマテラピーや薬膳・食養生の講座を開講し、講師としても活躍。優しく穏やかな人柄が人気を集めている。

田中 紗季 - Saki Tanaka

[ 薬剤師 ]

大阪薬科大学卒業後、2007年薬日本堂入社。西日本の店を中心に10年間臨床と店長を経験。漢方薬だけでなく、薬膳の知識も活かした「生活のトータルサポート」をモットーとしている。様々な境遇のお客様と接する中で、より多くの方に「東洋思想理論を身近な生活に取り入れて、日々の養生を実践していただきたい」という思いで講師に転身。日本文化に基づく趣味等を通じて、漢方の世界を深め広めていけるよう日々邁進中。

堀山 徳子 - Noriko Horiyama

[ 漢方上級スタイリスト ]
[ 推拿師 ]

台湾に5年在住し、家族と自身の体調不良から足部反射区健康法、推拿、気功に出会い学び始める。台湾生活で暮らしの中に根づいている生活養生に触れながら、漢方の自然の理に適った考え方に深く共感。理論や手技を学び続けていくうちに1番大切なことは養生だと気づく。「生活の中で使える身近な漢方養生」をテーマに自分で養生ができる人を増やしたいと思い、プライベートサロンや各地で定期的に講座を開講。推拿と漢方養生茶のプライベートサロン「漢方養生サロン 如月」を営む。

宙 SORA - SORA

[ 漢方上級スタイリスト ]
[ 風水鑑定士 ]

「モデルルームやカフェ、ホテルのように、快適で五感を磨けるオフィスや住居に暮らすことで感性が高まり、アイデアや人間性を高めるのが風水の役割」という考えを基に、風水をベースとした哲学を全国で講演。審美眼を活かしたスタイリッシュな風水改善を得意とし、風水を取り入れた新築やリフォームの設計・監修も手がけている。徹底的に風水生活を実践した結果、無一文からたった3年で社長になった実体験を活かし、「ビジネス風水士」としても活動。占いとしての風水だけでなく、経済学・心理学など多方面からのビジネスや人生をアドバイスする個別コンサルタントとして活躍している。「スタイリッシュ風水」「ビタミン風水」は登録商標。著書に「ハッピー風水生活術」(成美堂出版)、「お仕事風水」(西東社)「お金の方からやってくる風水」(ロータスエイトパブリッシング)がある。株式会社 華蓮 代表取締役。

渡邉 由 - Yuu Watanabe

[ 漢方上級スタイリスト ]
[ 食箋士,望診法指導士マスター,リフレクソロジスト,若石健康普及指導士 ]

リフレクソロジストとして活躍中に、食養生の本に出会う。その後サロンの閉店を機に印刷関係の仕事に就くも、心身の健康を追求したい情熱は衰えず、働きながら陰陽五行やマクロビオティックの理論を学び、望診にたどり着く。講座と実習を経て『望診法指導士マスター』の認定を受ける。現在は薬膳の概念も踏まえ、ひとりひとりの体質に合った食事の処方箋を作成する食箋士(しょくせんし)として活躍中。

古橋 智子 - Tomoko Furuhashi

[ 漢方上級スタイリスト,養生薬膳アドバイザー ]
[ 中国茶文化協会認定中国茶アドバイザー ]

20代から保存食作りに親しみ、おもに東京と埼玉の子育て支援サロンやカルチャーサロンでワークショップ講師として活動。イベント出展もおこなっている。
素材の旬だけでなく、体質・体調に合った材料での保存食作りをしたいという思いから漢方を学び、単なる保存食にとどまらない「薬膳保存食」のレシピを次々考案中。

呉 晨輝 - Go Shinki

[ 中医師 ]

北京中医薬大学中医学部卒業。中国中医研究院付属病院にて、内科、眼科医として臨床を経験。
来日後、薬日本堂学術部にて漢方相談員の教育に携わる傍ら、薬日本堂漢方スクールの講師も務める。
現在は日中医学研究所学術部長、北京中医薬大学日本校講師としても活躍。
ツボ・経絡セミナー等、実践を交えた分かりやすい講義に定評がある。

中尾 行宏 - Yukihiro Nakao

[ 薬剤師,国際中医師 ]

1970年生まれ。薬学部卒業後、外資系製薬会社・薬局勤務を経て薬日本堂に入社、相談員としての経験を積む。“地域のみなさまに愛される薬局を作りたい”という思いから、地元和歌山に漢方相談の出来る保険薬局を開局。東洋と西洋のより良いつながりのため日々奮闘中。

藤田 倫山 - Rinzan Fujita

[ 四柱推命鑑定士 ]

1964年京都市生まれ。易学者樋口蘆山を祖父に持ち幼少の頃より四柱推命学の奥深さに触れ、後に陰陽五行説・四柱推命学・六壬神易・奇門遁甲などの占術を学ぶ。皆さんの心が晴れやかになるよう願い、日々研鑽を積んでおります。

大空 夢湧子 - Yuko Osora

[ 心理トレーナー,パーソン・センタード表現アートセラピー・ファシリテーター,カウンセラー,通訳・翻訳者 ]

東京生まれ。上智大学文学部英文学科卒。サンフランシスコ大学留学。外資系銀行勤務を経て、フリーランスの会議通訳、翻訳者になる。その後セミナートレーナー・講師になる。20数年にわたり自己成長と癒しのためのセミナーやワークと関わり、多くの方々とふれあいサポートをするとともに、国内外で自身の学びを続ける。安心できる人柄で、ユーモアのあるわかりやすい語り口に定評がある。ビジョン心理学、ホ・オポノポノ、エリクソニアン催眠、NLP、ファミリーコンスタレーションなどの通訳としても活躍。訳書に「傷つくならば、それは『愛』ではない」「セルフ・セラピー・カード」「言葉を変えると、人生が変わる」など多数。

紗亘 右京 - Ukyo Sawatari

[ 開運アドバイザー,開業コンサルタント ]

1957年生まれ、ブティック「リッシュクラブ」を青山、札幌で16年間運営。会社設立まで板前、呉服店、テネシー州でレストランマネージャー等16回の転職を繰り返す。後に『悔しかったら転職してみろ』文芸社を発刊。その頃から占いを独学研究し開運アドバイザー紗亘右京として活躍。 WOWOW「はるな愛のアジ美」,TBS「ピンポン」等に出演。「独立王」「頭で儲ける時代」「ダイム」「開業マガジン」etc…掲載

みよの 哪知 - Nachi Miyono

[ 地理風水師 ]

1970年福岡県八女市生まれ。商社勤務を経て、地理風水の第一人者、御堂龍児老師のもとに弟子入り。日本の山々や中国・台湾を廻りながら風水の真髄に触れる。内弟子として鑑定補佐をしながら、2007年風水教授許可を得る。御堂老師が風水教授許可出した数少ない弟子の一人。(歴代2名、女性としては唯一)女性ならではの細かい心遣いと繊細な鑑定にはファンも多い。奥深い風水の世界を探求しながら、大自然の理であるタオの世界も学んでいる。

滝澤 利伊 - Toshii Takizawa

[ ヨーガセラピスト,官足法指導員 ]

インド中央政府公認ヨーガセラピスト、ヨーガインストラクター、官足法指導員、栄養士、自然食・自然療法研究家。ヨーガ歴19年、ヨーガ指導歴15年。 1991年、ヨーガを学び始めると同時に、官足法創始者・官有謀氏に師事し、足揉みを学ぶ。その後東城百合子氏率いる、「あなたと健康料理教室」にて、自然食・自然療法を学び、現在も研究を重ねている。ヨーガや、官足法指導の中で、お手当て法や食事法を含めた生活術も積極的に伝えている。

浜崎 ふく子 - Fukuko Hamazaki

[ 官足法指導員 ]

1940年大阪生まれ。1980年ヨガ教室開講。1990年官足法に出会い、官先生に師事。日本気功協会本部にて2年間、中国第1人者に“気”について学んで以後、ヨガ教室にて気功、官足法も取り入れる。2001年大阪に在住し、官足法の普及に努め現在に至る。日本各地で講座を開いており、ヨガ・気功や四柱推命等の知識も駆使したパワフルな指導が定評。官足法指導員養成講座の指導なども行う。「『足の汚れが万病の原因』現在の薬づけの世の中ですが、“免疫力を高めて自分の健康は自分で守る”という信念を持って、皆様とともに頑張っております。」

藤井 早苗 - Sanae Fujii

[ アーユルヴェーディックサロンアート主宰 ]

パティル・シーマ・長澤氏に師事。渡印を重ねアーユルヴェーダの知識、技術を学ぶ。アーユルヴェーダ・ヘアケア・セラピスト、MAAYA(ムクティ・アーユルヴェーダ&ヨーガ・アカデミー)認定インストラクター、インド中央政府科学技術省認定ヨーガインストラクター、日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士、日本アーユルヴェーダ学会認定アーユルヴェーダ・ヘルスケア・アドバイザー、日本アロマコーディネーター協会認定インストラクター、歯科技工士、調理師

瀧口 律子 - Ritsuko Takiguchi

[ ハーバルクリエーター ]

NPOジャパンハーブソサエティー認定上級インストラクター、薬草魔女養成塾塾長
薬日本堂漢方アドバイザーコース修了、ベジマイスター、さいたま市プラザノースハーブ入門講師。
青山のハーブとアートのラテラ塾卒業。ハーバリスト外山たら氏のもとでハーブを学ぶ。卒業後、自治体や企業の依頼でハーブイベントや商品開発を行う。メディア出演多数。自然を敬い、毎日を大切に暮らすことをハーブを通して伝える活動を続ける。

鈴木 康玄 - Yasuharu Suzuki

[ 康鍼治療院,院長,鍼灸師,クリスタルボウル演奏者 ]

青山学院大学卒業後、レコード会社勤務、アパレル勤務などを経て、2001年早稲田医療専門学校東洋医療鍼灸学科を卒業。小学校の頃より気管支喘息の治療をしてもらっていた元古典鍼灸研究会所属の脈診の治療家・長谷川保氏に師事。15年以上受けていた治療法を専門学校入学時より習い、2004年に渋谷に康鍼治療院を開院。 対症療法ではなくより根本的な治療の追求の為に毎月鍼灸の勉強会・研究会に参加し、また自らセラピストやボディーワーカー向けのセミナーなどを開催すると共に、伝統療法や社会学・心理学・カウンセリングから哲学などの勉強にも取り組んでいる。特に東洋医学における五臓(内蔵)と心やメンタルの関連性を深く理解し、いのち豊かで元気に生きてもらう為の治療やセミナー等として活動している。 また、自身の音楽活動による経験から、音を使ったヒーリングや治療を追求しており、様々な音を使ったヒーリングセッションやライブなど

西島 紫 - Murasaki Nishijima

[ 漢方上級スタイリスト,薬膳アドバイザー ]
[ 香司・「かほり紫」代表 ]

英国在住時にアロマ・ハーブに出会うが、自分のアイデンティティは「和」であることに気づき、和の香りを学び始める。 2008年、「かほり紫」ブランドを立ち上げ、約1500年前に日本に伝わった和の香りを、「温故創新・和の香り創作」として現代でも楽しめる新しい形・新しいスタイルの開発・提案をスタートする。 現在は、香司(こうし=和の調香師)として、和の香りの創作・販売、香り創作香座、出張香座、和の香りによるパーティー・イベントプロデュー ス、伝統芸能師の香り創作などで活躍中。 また、天然香原料が漢方生薬としても使用されることから、漢方養生学・薬膳料理についても学び、漢方上級スタイリスト、薬膳アドバイザーとしても活動している。 有限会社ネットプロダクツ・代表取締役。

石ヶ森 光政 - Mitsumasa Ishigamori

[ ヴォイス・フィジカルディレクター,整体師,カイロプラクター ]

1968年生まれ。東洋大学卒業後、シンガーソングライターとして活動。 その傍ら、「スタジオ・レイ」にて、声や身体を思い通りに表現できる呼吸法・発声法を学び、その後15年間、講師として指導にあたる。2009年に独立。ヨガと整体を加えた独自のトレーニング法でレッスンを展開。整体師、カイロプラクターとして施術も行い、発声に関わる心身のクセを鋭く見抜き、調整へ導く。主にプロの歌手、俳優、声優、ナレーターのヴォイストレーニングを行い、アーティストの全国コンサートツアーにトレーナーとして数多く同行、「劇団維新派」の声と身体のトレーニングを10年以上継続するなど、クライアントからの信頼は厚い。一方で、一般向けの、声と身体の悩みに応じたレッスンも行っている。 龍村ヨガ&呼吸法研究所指導者養成講座修了。ジュビリースタジオ主宰。

真田 由香 - Yuka Sanada

[ BODY CHANCE 大阪スタジオ教師,あんまマッサージ指圧師,鍼師 ]

鍼灸マッサージ師として接骨院に勤務しているころ、アレクサンダーに出会う。 1998年のジェレミー・チャンスのワークショップにて、頭と身体の関係が変わることで、それまで漠然と持っていた不安感が無くなる体験を得て、本格的に学ぶことを決意。ATA東京校に第一期生として参加する。以来ATをマッサージや介護、乗馬、話すこと等々に応用することを学びながら、7年かけて同校卒業。 「わたしにとってATは、恐がりな自分が世界へ向かっていく為の、わたしが本当にやりたいことを実現する為の強力なツールです。」1994年あんまマッサージ指圧師、鍼師、灸師免許取得2005年ATA東京校卒業2006年(有)アレクサンダー・テクニーク・アソシエイツに教師/スタジオ運営スタッフとして参加

阿部 明日香 - Asuka Abe

[ BODYCHANCE大阪スタジオベーシックコース教師,大阪芸術大学舞台芸術学科 ポピュラーダンスコース 非常勤講師 ]

奈良女子大学文学部卒業後、演劇活動をしていた際にアレクサンダー・テクニークに出会う。レッスンを受け、「無意識の不要なクセが自分の表現したいことを邪魔していた」こと、また「そのクセに気づきやめることができれば、より自由でいられる」ことに感動し、アレクサンダー・テクニークを本格的に学ぶことを決意。いつも頭の中で自分に対してダメ出しし続けていましたが、アレクサンダー・テクニークを学ぶことで、ずいぶん自分と仲良くなることができました。
2009年 BODY CHANCE大阪校プロコース入学
2012年 11月よりアレクサンダー・テクニーク教師(BODYCHANCE認定)として活動開始

吉川 祥子 - Sachiko Kikkawa

[ KMR式 官足法指導員 ]

6年ほど前、マクロビオティックに出会い、食べたもので体が変わることを実感する。 食べ物だけでは体のケアをしきれないことに気がつき、足揉みに興味を持つ。 2010年より国立市にあるKMR式官足法療法院で官足法を学び、2011年9月より自宅で官足法の施術中心に、サロン「Salon de lull」を主宰。 「足揉みの素晴らしさを多くの方にお伝えしたい」と研鑚を積んでいる。

岩佐 ゆみ - Yumi Iwasa

[ ホリスティック療法家,植物療法家 ]

ホリスティック医学及びインテグラル理論に基づいて植物療法を中心に、食事療法、自然療法、エネルギーワーク、心理療法など各種セラピーを融合し、セミナー及びカウンセリング、セッションをおこなう。自社スクールのほか、各企業・団体のイベントなどでのハーブ療法及びベジタリアン料理講師としても活動多数。現在はノワイヨを拠点に、ホリスティックセラピスト、クリエイティブディレクターとして、シンプルでていねいな生き方及びライフスタイル・デザインの提案と独自のホリスティック療法の研究、開発に取り組んでいる。

山内 宥厳 - Yuugen Yamanouchi

[ 楽健法研究会代表,真言宗磐余山東光寺住職 ]

1936年徳島県生まれ。詩人。日本未来派同人。どうだん短歌社同人。日本アーユルヴェーダ学会事務局長歴任。 1970年喘息克服を機に楽健法の普及活動を開始。一方、醗酵食品としての質を踏まえたパンが市販されていないことに気づき天然酵母パンづくりの研究を始め、1974年楽健寺・天然酵母パン工房設立。 2009年、シュリシュリ・ラビシャンカール師との出会いがあり、アートオブリビングを通じて世界の健康問題寄与に参加することになり、国内(奈良・東京・広島など)で楽健法教室を開催する傍ら、海外での楽健法普及のための伝授も行なっている。

朴澤 博美 - Hiromi Hozawa

[ 統合メディカルケアセンターTree of Lifeセンター長・チベット体操インストラクター,ホメオパス,加藤メソッド呼吸講師,ファスティングアドバイザー他 ]

『美しく健やかに生きる』をテーマに皆様と共に考え、学び、体験していくことを大切にしています。皆様の内にある美に気づき健やかに生きるサポートをさせていただきたいと思っております。また、子供たちの未来のため、私たち大人が健康を通じてできることを伝えていきたいです。

李 尚宰 (イ サンジェ) - Lee Sangjae

[ 韓医師,韓医学博士 ]

慶熙大学校韓医科大学卒業、慶熙大学校大学院韓医学科卒業( 予防韓医学、養生学専攻 )
前:韓国政府庁舎韓方診療医、李尚宰韓医院院長
TEATHERAPY(CAFÉ+CLINIC+SCHOOL)設立
現:釜山大学校韓医学専門大学院教授、健康文化研究センターセンター長
著書:韓医師の茶房(韓方医の喫茶店)

杉山 弥紗 - Misa Sugiyama

[ 統合メディカルケアセンター Tree of Life お灸セクション/鍼灸/マッサージ師/看護師/せんねん灸お灸セルフケアサポーター認定 ]

16年間仙台市内の病院で看護師を行ったのち、赤門鍼灸柔整専門学校を経て鍼灸、あんま・マッサージ師になる。訪問医療マッサージの後、2012年より「統合医療センター Tree of life」にて東洋医学と西洋医学の経験を生かした鍼灸施術とお灸教室を開始。2013年せんねん灸セルフケアサポーター認定を受けバージョンアップした「お灸の教室い・ろ・は」を開催し、仙台にお灸の輪を広げるため精力的に活動中。

栗山 のり子 - Noriko Kuriyama

[ 漢方スタイリスト,養生薬膳アドバイザー ]
[ 日本ドッグホリスティックケア協会認定ドッグマッサージセラピスト・日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター・IBA認定ボディートークアクセステクニシャン・犬の歩き方判断士・犬の補完療法セラピスト ]

1969年大阪市生まれ。ボロニーズの女の子“ビビちゃん”と暮らす。ビビちゃんの食物アレルギーをきっかけにホリスティックドッグケアの勉強を始めるものの、セミナーのほとんどが東京でしか開催されない事に不満を持ち「ないのなら自分で作ればいい」と、関西で活動を開始。犬の整体や薬膳・ハーブ、ドッグヨガの講座を開講し、ホリスティックドッグケアを通して、わんちゃんと飼い主さんの楽で楽しい毎日のお手伝いをするべく日々奮闘中。「らくいぬ生活」代表・プロデューサー。

倉津 三夜子 - Miyako Kuratsu

[ 漢方スタイリスト ]

鍼灸師・按摩指圧マッサージ師、全国療術研究財団認定講師、リンパ浮腫療法士認定機構認定リンパ浮腫療法士、四條畷短期大学非常勤講師、NARD JAPAN認定アロマセラピストトレーナー、(公社)日本アロマ環境協会認定校主宰、日本エステティック協会認定TEA

菅野 俊輔 - Syunsuke Kanno

[ 江戸文化研究家、早稲田大学エクステンションセンター講師 ]

1948年東京・目黒区生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。
三度の食事より、江戸が大好きで、江戸学・古文書や江戸歩きなどの講師を務めながら、講演、テレビ出演、時代考証、著述など幅広く活動中。主な編著書に『書いておぼえる江戸のくずし字いろは入門』(柏書房)、『古地図と名所図会でたどる江戸の落語』『図説 世界を驚かせた頭のいい江戸のエコ生活』(青春新書)、『江戸っ子が惚れた忠臣蔵ーー赤穂義士の実像と虚像に迫る』(小学館)
など。

キム ヨシコ - Yoshiko Kimu

[ 漢方スタイリスト ]
[ AFT1級色彩コーディネーター ]

1995年よりカラーコーディネーターとして活動開始。
2007年より、お肌、心、身体を元気にするカラーセラピー講座を各地で開講。

田邉 和子 - Kazuko Tanabe

[ 無極自然門気功師,無極自然門国際気功師,医学気功整体師,国際中医師,養生気功塾主宰 ]

独身時代にシステム開発の仕事で忙しい日々を過ごした後、結婚を機に介護の資格を取得。介護の現場での経験から、東洋医学、自然療法などに興味を持つ。そのころも、「気功」の言葉こそ聞いたことはあっても、興味を持つことはなかったのだが、ある日、宋海君老師の気功と出会い、その瞬間に「これこそ求めるもの」と直感で決めて学んできた。心と身体で学ぶ気功は、すべての根元であり、生きることそのものが気功であると実感できた。この素晴らしい「宝」を多くの方にも知ってほしいという思いから、気功を教えている。自らも気功的生活を楽しみつつ、ますます気功で自分を向上させるべく修業中。

山下 さち子 - Sachiko Yamashita

[ 漢方上級スタイリスト,養生薬膳アドバイザー ]
[ 推拿師,台湾式刮痧,台湾式排酸術,漢方アロマ・経絡トリートメント,JAAアロマコーディネーター,JAMU SPA トラディショナル・バリニーズ ]

短大を卒業後、主にサービス業に就く。立ち仕事で腰痛に悩まされた事をきっかけに一念発起し、スパでマッサージを習得する為、2ヶ月間バリに滞在。帰国後アロマテラピーやリンパケアの資格を取り、プライベートサロン「えなすかり」をオープンする。台湾式かっさと出会ったことで東洋医学にも興味を持ち、漢方養生を学ぶ。現在は体の外側の施術だけでなく、内側(体質を見て食生活やライフスタイルのアドバイス)もトータルにケアができる漢方あろまとかっさのサロンとして、美容と健康のお手伝いをしながら、セルフケアかっさ、かっさセラピストの講座も開講している。

秋山 逸美 - Itsumi Akiyama

[ 漢方上級スタイリスト ]
[ 陰ヨガ講師,Victor Chng陰ヨガ指導者養成ベーシック&経絡講座修了,日本マタニティヨーガ協会指導者養成ベーシック講座修了,産後ヨガ指導者養成講座修了 ]

2008年からヨガの指導を始め、2009年から陰ヨガを中心に都内でクラスを担当し、陰ヨガワークショップなども開催。
産後の自分の体の状態を知り改善できたことは、陰ヨガや中医学で学んできた心と身体のバランスや、日頃の生活との深い関係に気づいたからであり、自らのその経験を生かし陰ヨガを伝えている。現代社会を生きる同年代の女性や、家庭を支えるお母さんたちが、もっと元気に過ごすことができるように、心身のバランスを整える力を養ってもらうために陰ヨガの普及に励んでいる。
現在は、陰ヨガの理論や漢方上級スタイリストの資格も活かし、マタニティヨガや産後ヨガも開催し、お母さんたちの生活アドバイスにも取り組んでいる。母育ヨガクラス主宰。

沖 和行 - Kazuyuki Oki

[ 神戸薬科大学 薬用植物園で分類と栽培を担当 ]

六甲高山植物園、神戸市立森林植物園や、その他各地で植物に関する講座やワークショップを行っている。

山本 浩士 - Hiroshi Yamamoto

[ 鍼灸師 ]

幼少より武道を学び、大学時代からアクション俳優・スタントマンを経験。20代後半、医武同源の考えにたどり着き、鍼灸師に転職。地元、兵庫県西宮市で「はり灸楊鍼堂」を開院し治療にあたる一方で、少林寺拳法・内家拳・古武術・唐手などの武術経験を活かし、鍼灸師やセラピスト、トレーナー、役者に、武術ボディワークの指導もおこなう。現在は都内に移り、活動を開始。2016年9月には、ポーランド北部のグダニスクへ、東洋医学と武術のメソッドを指導に渡る。禅を基盤とする東洋医術(命術、相術、占術、仙術、医術)・石坂流鍼術(幕末から続く鍼術)・気功などを学び、臨床に活かしている。

北山 彩子 - Saiko Kitayama

[ 国際中医師,国際中医薬膳師,中医薬膳師 ]
[ 薬膳料理研究家、薬膳フードデザイナー ]

学習院女子短期大学家庭生活学科食物専攻卒業後、多忙な会社員生活を送るなかで、食の大切さを認識し、薬膳に興味をもつ。国立北京中医薬大学日本校中医薬膳専科および中医中薬専攻科を卒業し、同中医臨床研究科に所属。
東京・自由が丘にて主宰する薬膳料理教室「FOODand LIFE」やテレビ・雑誌等メディアを通じ、「薬膳でカラダもココロも元気に!」をモットーに誰にでもできる身近で家庭的な薬膳料理を提案している。

中尾 真澄 - Masumi Nakao

[ 薬剤師,ホメオパス ]

薬学部卒業後、病院にて勤務。その後調剤薬局でも経験をつむ。薬剤師として働く中でホメオパシーと出会い、専門的に学び始め、ホメオパスとなる。現在は漢方相談薬局にて、現代医学とともにホメオパシーを通じてより健康を願う方のお役にたちたいと日々奮闘中。薬日本堂漢方スクール漢方アドバイザーコース修了。

  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP